トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  コドモ  >  ありがたい

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ウチの忍びの者 | トップページへ戻る | カップゼリーで

このページのトップに戻る

ありがたい

2012年08月05日

 ウチの下の娘なんですが、上の娘が障害がありながらももの凄く頭のいいヤツで、優等生タイプ的に賢いのである意味扱いやすい所がありつつ障害が障害なんで手を焼く時は人一倍なんですが、でも頭がいい人なのでそれと比べている訳ではないのですが、どうも私的に「足らん子なのかお前は!」と思う部分が多々あります。

 ソファの背もたれに布状に引っ掛かっているとか、意味も無く踊り狂うとか木目の床で滑る感触を楽しむだけの一人背泳ぎとか、いかにも足らん子っぽい行動が、まぁそこが愛らしいと言えなくもないかという感じの下の娘。
 噂には聞いていましたが、彼女が本当にそんなに人気者だとは思っていなかったわけです。

 数日前、保育園に娘たちを送っていったとき、下の娘はお部屋の入口まで付いて行かねばならないので、いつものように連れて行くと、既に登園していたお友達のうち、ちょっと小さな男の子が気が付きました。この子はドサクサに紛れてウチの娘にチューまでかました男の子です。いや、いいけど。そんなに好きか?と思って。
「しーちゃん!!」
 彼が大声で言うとわらわらと子どもたちが何処から湧いて出てきたのかと思うほど集まってきました。口々に「しーちゃん」「しーちゃん」と言いながら娘を取り囲んでいます。そのうち、娘の右手をぎゅっと握った子がいてその子は嬉しそうにしていました。
 で、最初に娘に気が付いたチュー少年は後から押し寄せてきた体格の良い男の子に「あっちに行けよ」とばかりに押し退けられてしまいました。で、その男の子と、いつも世話焼きさんというタイプのこれまた体格の良い女の子が、残る左手を巡ってケンカになりました。「あたし!」「おれ!」と不毛な争いを目の当たりにして、ビックリしている私を他所に、二人ともお互いに「しーちゃんの手が痛い痛いでしょう!」と相手をなじっています。戸惑っていた娘は、たじたじと後ずさりをしております。

 私は、隔離して見ていたなら間違いなく大爆笑という状況で、必死に笑いを堪えて見ているのがやっとで、とても仲裁になんか入る余裕はございません。
 慌てて駆け付けた保育士が順番を割り振ってくれたので(手を繋ぐ順番ですよ)、お友達も納得したようで、争いから逃れたしーちゃんは、漸く私に手を振って「バイバイ」と言ってくれました。

 仲裁をしながら保育士の方は、「みんな、しーちゃんが大好きでいつもこうなんです。お昼寝する時はお布団まで連れてく人、起きたらおトイレに連れて行く人がいて・・・」
 その週の園からの連絡帳に、その事がについて娘が怖がっていないか心配と書かれていました。

 一応、ストレートに聞いてみました。
 すると、どういうつもりかは知りませんが、いきなり前髪を両手で持ち上げて「(額が)ビカピカ」と仰っておりましたので、それ程気にする事もないのかと納得いたしました。(バカなんじゃねぇかお前、と一瞬思った)

 下の娘は、私にとって本当に救われる気がする存在で、人への関心と時間の感覚があまりない上の娘は、保育で数時間会えなくてもまるでそういう時間が全く無く、数時間のタイムラグは一切なかったみたいな対応をされますが、下の娘は定形発達なので、別れる時は泣くし、会えばニコニコと笑って走り寄ってきます。「お母さんが大好き」と全身で語りかけてくれます。そういう存在が居てくれる事はホントに気持的に有難くて、上の娘だって「お母さん好き」と言ってくれますので、同じ気持ちに違いないのは判るのですが、親といえども人間ですのでストレートに判り易い方が有難いし嬉しい。下の娘のその表現があるから、表せなくても上の子も同じなんだろうなと察する事が出来るので、あのストレートな表現は本当に嬉しいしありがとうと思う。

 信頼する上の娘の医師は、所見の日に「凄くいい組み合わせです。年子で同性、しかも下の子が定形。最高の組み合わせです」
 と仰っておりましたが、私的にも何となくそういう気がします。親も救われてる。

 で、翌日も同じような場面を見てウケながら、一番の疑問は「どうしてそんなにしーちゃんが好きなのよ」なんですが、そんなことは答えはなさそうだなぁ。
 彼女や上の娘より、少し大きい子で毎日下の娘の手を触りたがる男の子がいます。で、触ると「しーちゃん、かわいい」と言って走り去って行く謎の男の子です。謎だ。
 今でこそそんなこと言われるけどさ、生まれたばかりの頃に産んだ母親から「落ち武者のようだ」とか言われていた子なのに・・・。
 そういえば今までも、保育士の方が「近い、近い!」「近過ぎます!」「もう少し離れましょう」とか注意されていたなぁと思い出しました。お手数をおかけしますという気持ちになります。

 で、チュー少年。
 園庭の外れの方でぽつんと一人立っていました。
 私が娘たちを迎えに行った時に彼は、延長保育組で、お迎えの遅いグループの子でした。

 チュー少年は園庭と駐車場を仕切る金網に寄りかかり、駐車場を見ていました。(お母さんを待っていたのだと思った)
 私が気が付くよりも早く、チュー少年は下の娘に気が付いていました。ていうか、下の子が大人気なため私も彼女のお母さんとして覚えられている状態なので。

 遠慮がちに、でも必死に手を振っていました。
 私が促すと、気が付いた下の子も手を振り返しました。
 はにかんだような顔でまた手を振り、「しーちゃんバイバイ」と一生懸命に言っていました。

 なんか絆されるなぁ。
 気が付いた保育士が苦笑しながら、頭を下げて手を振ったので、娘たちと帰宅しました。

 よく判らないながらも、好かれているんだなという事は判りました。
 上の娘は上の娘で、保育園にいる限り自分で歩かなくても良いぐらい世話を焼きたい子たちがいるらしく、保育士さんが「自分でできる事はやらせて下さい」と注意しているほどだと聞く。実際、玄関まで荷物を持って抱っこしてきてくれた男の子を見た事があるし。

 何が起こっているのか全くよく判らないのですが、愛されるというのは良い事なので有難いなと思います。保育士さんは大変なのかもしれませんが。
 姉妹共に愛されているようで、有難いなぁと思います。ホントにありがとう。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ウチの忍びの者 | トップページへ戻る | カップゼリーで

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

日本一の米処で世界有数の豪雪地帯に暮らす、年子シスターズの母にして、俳優・シンガーソングライター等、マルチな才能を持つ京本政樹を愛で続ける女
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事

カテゴリ

過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2013年 12月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【4件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【5件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【1件】
2010年 09月 【15件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【9件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【14件】

最新コメント

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

お気に入り育児ものリンク

検索フォーム

SEO対策:子育てSEO対策:哺乳瓶SEO対策:姉妹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。