トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  コドモ  >  転落事故

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

悪魔の慎吾ちゃん | トップページへ戻る | 都バスで飛ばすぜ!後編

このページのトップに戻る

転落事故

2009年06月11日

 乳幼児の転落事故というのは、意外に多いものらしいですね。
 私も、やんちゃな娘がいるので気をつけなければと思っちゃいるのですが、片時も目を離さないというのも、やはり無理な話で。
 そういえば、ついついちょうどいい言葉が思いつかず、やんちゃ娘とか暴れん坊娘とか言っていましたが、いい言葉を思い出しました。活発といえば聞こえがいいんですね。
 活発。そんな言葉では、何かがとんでもなく足りない気がする・・・・・。

 先日、娘が寝ている隙に、洗濯物を干していました。
 ヤツが起きているとやかましい家の中が、全くもって静かで和やか。ああ、快適。
 などと思っているところに予期せぬもの音が。

 どんっ!

 どんっ だと?
 どんな激しい寝返りうったんだ?
 暫くの間があって、娘の泣き声が響きます。だけど、ひと声。
 ああもう、なにやったんだ?と半ばうんざり気味に恐る恐る様子を見に行きました。(←結構慣れてしまっている)

 ベビーベッドですやすや寝ていなければならないハズの娘が、嬉しそうに微笑んでいます。私を見ると、何が嬉しいのか知りませんが、ニッコニコ笑っておりました。目の端に涙を二滴ぐらい残して。

 あんたって、毎日毎日、楽しそうでいいなぁ。

 いやちょっと待て。

 猛烈に違和感を感じます。
 それは何故か?
 私の中で、何かが目を逸らせ!と囁いていました。見なかったことにしろ!と。
 しかし勇気を持って現実を直視することにしました。(それほどのことでもない)
 違和感の原因は、私から彼女までの間にあるベッドの柵が、なぜか二つ見えるということでした。

 柵が二つ。
 つまり、ベッドの外にいるということです。

 なぜだ?なんでベットにいないのだ?

 いえ、ベッドの上には居るんです。正確には違うベッドの上に居ました。
 もう少し大きくなったら使おうと思っていたベッドを、ベビーベッドの奥に置いておいたのですが、その上でキャッキャとはしゃいでいます。先ほどよりも自由な空間を手にいれ、ゴキゲンな娘。

 一瞬、事態が理解できませんでした。いや、理解したくなかった。
 なにをどうやったらそんなことになるんだ?まぁ、落ちた以外にあり得ないのですが。(なんとなくそんな気もした事は事実)

 ベビーベッドを卒業する日。
 そんな日がいつか来るだろうと、戦々恐々な思いでいましたが、まさか、こんな形で来ようとは。
 そしてそんな日は、遥かもっと先であって欲しかった。くっ。

 ・・・・・・・でも、ベッドの上で、よかったなぁ。

 それにしても、うまい具合に落ちたもんだ。
 反対側に落ちていたらと考えて、ぞっとしました。
 怪我らしい怪我もなく、機嫌もすこぶるよろしいようで、ホントによかった。。。。。。

 つかまり立ちを始めたので、次はつたい歩きかと思っていたのですが、ヤツは何故かいつもよじ登ろうとしていたことを思い出しました。
 ああ、ちょっと不注意だったなぁ。
 ていうか、

 とりあえず、起きたら泣けよ!

 うちの娘は起きても泣くという事を滅多にしません。その上異様に寝起きが良くて、目が覚めた瞬間からゴキゲンだ。(赤ん坊のときだけかもしれませんが)
 夜泣きに悩んでいるお母さん方も多かろうと思いますが、このお嬢ちゃんは、夜中であろうと昼間であろうと起きたら即、ひとり遊びに没頭し、飽きたらそのまま寝ているという大変手のかからない、有難いお嬢ちゃんなのですが、こういうことがあるとちょっとなと思います。
 でも、夜中に何の前触れもなく、「キャハハ!」とか「あにゃっ!」とか聞こえるのも不気味といえば不気味。

 怪我も何もなかったのはとりあえずよかったのですが、これからこの人どうしよう・・・・・。
 ベビーベッドはもうダメなんだなとは思いましたが、大人用のベッドにベッドガードなんか付けたところで、意味ないだろうし。

 ベビーベッドって蓋しちゃいけないものなんだろうか?

 まぁ、そんなもんが売ってないところを見ると、ダメなんだろうなぁ。
 彼女の身になれば、そんなところに閉じ込めてしまうのも可哀相だし。だけど、痛い思いをするよりはいいんじゃないか?
 圧迫感がいけないのなら、柵と同じくらいに隙間のあるもので蓋を作ったらどうだろう?頭なんかぶつけても、痛いと思えばやめるんじゃないか?

 半日、アホなことを考えて悩みました。
 今でこそ、多少座ったまま遊ぶということができるようになりましたが、寝返りができるようになってからずっと、起きている間中動いてないと気が済まない女なので、何をしでかすのか気が抜けなかった私にとって、寝ている時は間違いなくベッドの中にいるという安心感がとても有難かったのです。なので、ベビーベッドを使いたい!この中に居て欲しい!という思いから抜け出せなかったんですね。
 ま、半日悩んで諦めました。
 ちょうど実家の母が遊びにきて、こんなことを言っていたからです。

「そういえば、あんたの兄が 「どうして桂の周りには布団がいっぱい敷いてあるの?」 って聞いたことがあったなぁ。あんたも、よくベッドから落ちる子だった。親子だねぇ

 血か?遺伝なのか?そんなところまで似るものなのか!?

 ・・・それで二段ベッドの下にばかり寝かされていたのか、私は。
 いや、待て。
 いくら周りをクッションで覆ったって、落ちればそれなりに衝撃があるぞ?噂によるとティッシュの箱から落ちたって、打ち所が悪ければ死亡事故に繋がるという話も聞いた気がする。
 そんなに頻繁に落ちていたなら、何故ベッドをやめようという発想がなかったのかね、お母さん・・・。

 そういうわけで、帰宅した旦那にはご苦労様でしたが、すべての家具を撤去。床にラグを敷いてその上に布団を敷くことにしました。
 起きたら部屋中好きなように使ってくれて結構だ。
 何をどうやって暴れようがあんたの好きだ。許す。
 とにかく生きてさえいてくれればそれでいいということで、暫くはベッドは使わないことにしました。

 そういえば、母はこんなことも言っていました。

「赤ちゃんのように動けば、貧乏しない」

 多少貧しくても、あんな落着きのないのはイヤだな。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

悪魔の慎吾ちゃん | トップページへ戻る | 都バスで飛ばすぜ!後編

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

日本一の米処で世界有数の豪雪地帯に暮らす、年子シスターズの母にして、俳優・シンガーソングライター等、マルチな才能を持つ京本政樹を愛で続ける女
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事

カテゴリ

過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2013年 12月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【4件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【5件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【1件】
2010年 09月 【15件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【9件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【14件】

最新コメント

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

お気に入り育児ものリンク

検索フォーム

SEO対策:子育てSEO対策:哺乳瓶SEO対策:姉妹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。