トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  コドモ  >  祝・入園

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

「フクシマの嘘」ドイツZDF | トップページへ戻る | 必殺仕事人ごっこ

このページのトップに戻る

祝・入園

2012年04月07日

 いよいよ、姉妹揃って保育園に入園いたしました!

 100名足らずの全園児の中で、新入園児は20名ほど。ほとんどが持ち上がりなんですねぇ。
 入園式の日は、名前を呼ばれて壇上に上がった娘たちを見て感慨深くもなりましたが、一番感じたのは
小せぇなぁ、あんたら!でしたね。

 小さいんですよ、うちの子はw
 私も、日本女性としてはそれ程大きい方でもないし、旦那はマサキと同じ身長ですけど、子どものときは小さかったそうですから。
 やー、それでもお友達の中にいる我が子の姿は、なんだか少しだけ大人になったような気がしましたよ。気のせいだけど。

 ホントにやっていけるのか、それが心配です。特に上の娘。
 登園初日は慣らし保育で半日なんですが(普通は1週間程度慣らし保育があるが、家は1カ月お願いしてます)、早速習ったお歌をずーっと歌っている上の娘の可愛いこと。最初に習った歌は「お花が笑った」だそうで。嬉しそうでしたねぇ。
 迎えに行ったとき、上の娘の担任の先生が「お喋り、たくさんしますねぇ。ずーっと喋ってましたよ」と言われてました。
 その通りなんですよ先生、ホントに煩いんです。
 一年前までほとんど喋れず、このままお話ししてくれないのかまともに会話もできなかったらどうしようかとか、そんな悩みを親に与えていた娘とは全然全く思えないほどのお喋り娘。
 黙っているのは寝てるときとテレビを見ているときぐらいですね。あと、悪いことをしてる時w

 下の娘はそれほど心配してませんが、あずけたときに泣いてましたね。ああ、これが普通の反応だよなと、感慨深い気がしました。でも振り向きもせず出て行きましたけど。だって、上の子を教室に連れて行かないといけなかったんだもん。
 靴を自分で履いたり、ちゃんと待っている事が出来たり、保育園、いいなぁ。自主性が育ちますわ。

 まだ、パニックも癇癪も起きてないですから何とも言えませんけどね。あはは。

 ただ、この園は保健師さんからも「いい選択をしましたね」と言われたぐらい障害児に対して度量が深いというか慣れているらしいので、有難いです。
 入園式の後、担任や園長を交えて話し合いをしましたが、園長は同行していた旦那に「お子さんが自閉症だと思いますか?」という質問をしていました。
 話し合いの主題は、給食に不安があるので弁当にすると私が主張したので細かい対応の仕方についての話し合いだったのですけど、ちゃんと障害の事も対応してくれそうな感じで有難かった。お母さんは一生懸命だけどお父さんは知らん顔という家族もよくあるので、確かめたかったのでしょう。
「一見そうは見えなくても、娘は自閉症です」と旦那が答えたあと、園長は「ホントにそうは見えませんね。そうですか」と言い、娘に向かって「よかったね。お父さんお母さんにとても愛されてるんだね」と言っていました。

 それはともかく、この園長はかなりの変わりモノだと思いますね。
 シュタイナー好きだという事は以前にも書きましたけど、その時も(ちょっと変わりモノ?)と感じましたけど、確信しましたね、今回。
 シュタイナーがお好きなようなので、同じドイツの放射線防護協会という所が出したレポートで、内部被ばくと食品の汚染に関するレポートを「ぜひ、読んでください」とお渡ししたのですけど。その時の反応が・・・。

「ドイツですか!ドイツはいいですよね!?この国は本当に人間の事を考えている、人を大事にする国だと思いますよ!」
「・・・はぁ・・・そうですかね」
「頂いていいんですか?ありがとうございます」

 読んでくれるなら、それは嬉しいしいいんだけどさ。
 私が心の中で、(ヒットラーもドイツ人だけどな)と呟いたのは言うまでもありません。
 そして、そんなにドイツがお好きなら、脱原発を福島原発事故後、早々に決めたドイツに見習って欲しいものだと思いました。それは、ドイツが人を大事にする国だということだけではなく、チェルノブイリの影響が洒落にならんほど深刻だったので原発事故に対して過敏であるからなんだと思うんですけどね。それと、日本が技術大国であるという事も認めているからこそ、その日本で事故が起こった事を深く真摯に受け止めたのだと思います。
 ドイツはチェルノブイリ事故後、食品のベクレル表示をしていたそうですから、まともな神経の人がいらっしゃるというか、ヨーロッパはその長い歴史をきちんと活かしているなぁと思いますね。日本人から見たら信じられないような幾多の戦争や差別を繰り返してきた歴史は伊達じゃないんだなと。
 過去に学べと。

 で、ウケるのは、この1週間、娘が登園したのは初日のたったの一日ですww
 登園初日の昼に帰宅前から気付いてましたけど、上の娘が早々に発熱。
 やっぱりね。
 保育園とか幼稚園とか、子どもが集まる場所というのは菌の温床ですからねぇ。半年はこういう事の繰り返しだと覚悟はしていましたけど、早過ぎないか、アンタ!w
 特にこの一年、外に出してないからなぁ。(家の周りも結構な放射能汚染状態なので)
 温室育ちみたいな感じなのかなぁ。
 夕方、お昼寝後に急激に熱が上がっていて、さすがのお嬢さんもぐったり。「あたち、熱があるの」とか言いながら毛布にくるまって静かに寝ているので「こりゃ、アカン」と思い、園に電話してインフルエンザの子がいるかどうか確認しました。ポツポツいるそうで、もしかしたらインフルかなぁと思いつつ、翌日まで様子を見ていたら翌日にキッパリ下がりました。朝イチで、「あたち、もう熱ない」と本人が申しておりました。んじゃ、いいか。と思ったらまた上がりましたけど、この様子じゃ、そのうち下がるでしょう。
 熱が出たというので、旦那は「熱さまし!」だの「薬!」だの煩かったのですけど、
「たかが風邪で死にゃせんわ。今、この子は免疫作ってんだよ。薬なんか飲んだら意味ないでしょ」
 と諭し、自分が医者に連れていくという姑を聞こえないふりで交わしました。医者好きだなぁ、この家の人は。
 私も極端な医者嫌いなので、間を取った方がいいと自覚はしてますけど、好き過ぎるだろアンタら。

 世の中には、人が具合が悪いとやたらに元気になる人というのがいるものですが、まさか自分の娘がそうだとは知りませんでした。
 下の娘の元気倍増ですよ。
 ご機嫌に歌い踊り走り転び、ちくちくしてます。
 ちくちくとはこの子の妙な癖で、ちょっと毛羽立った綿毛布とか肌触りの良い洗い晒しの服とかに顔を寄せて、「ちくちくちくちくちくちくちくちく」と、なんだろう、あれはオッパイを呑むような口の動きなんですど、とにかく赤ちゃんのときからの彼女の癖なんですね。肌触りにかなりのこだわりがある様です。綿が一番好きらしい。そろそろ止めさせた方がいいかなぁと思ってますけど。
 普段の倍ぐらい煩いし、ちくちくしてますね。
 しかし、よく彼女にうつらないもんだ。
 これだけ煩いと、嫌でも注目が集まるのですが、この子って上の子に隠れて見過ごしがちだけど変な人なんですよね。
 例えば、ズボンをはくときに足が出てくると「ピィヤッ」とかいう訳の判らん擬音を発したりしてます。こんな感じで、概ね妙な擬音と共に行動してます。独特過ぎてウケますね。
 (上の子に比べて)扱いやすくて常にニコニコしているので、何かと後回しされがちですが、この子はホントに面白い。独特だ。私的にはかなり好きな子ですね。
 で、上の娘が病であまり動けないので、自分が注目される時は今だとばかりに、元気全開パワーアップなこの数日です。可愛いなぁ。
 ホントに可愛いですよ。懐こいし、すぐに抱きついてくるし抱っこ大好きでギュウッとしがみ付いてくるのはたまらなく可愛い。体型もぷにぷにしててホッペもむっちりで、まだ赤ちゃんみたいで可愛いったらありゃしない。
「おかーしゃん、だいちゅきー」とか頬を寄せられるとあまりの可愛らしさに、死んでもお前を守っちゃると真剣に思いますよ

 下の娘には、ついつい甘くなる母親気質が全開で出てますけど。
 でも可愛いんだもんなぁ、

 上の娘は障害があるので、やはり両親とも何かと手を掛けるし気にしているけど、その陰でこの娘は独特に面白い。旦那は天然系だよねと言ってましたけど。行動が変だし独特なのも大概にしろというほど。だけど、この子は「イヤ」とハッキリ言えるのが偉い。この年齢の子どもにしてはやけにハッキリとイヤと言える、それは偉いなぁと私は思っています。
 イヤときちんと言える子に育ってくれて良かったなぁと、思っています。

ちくちく中
 これがちくちく中の下の娘。何を毛布と同化しているのかと一瞬可笑しくなりました。この時上の娘は、ソファで(ソファ本来の目的を活用して)リラックスしてテレビ鑑賞中。この違いがウケる。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

「フクシマの嘘」ドイツZDF | トップページへ戻る | 必殺仕事人ごっこ

このページのトップに戻る

コメント

おめでとうございますv

ご入園おめでとうございまーす!!
しかも、とてもいい保育園みたいで一安心ですねv
これからほんとに目からウロコがいくつもとれるよーな気がする事件(?)が桂様宅を訪れるとは思いますが(^^;)、お子さん方と一緒に楽しく明るく保育園生活を謳歌してくださいね!怪獣だとばかり思ってた子達の卒園式には、もう目がなくなるんじゃないかと思うくらい泣けますから(^^;)。それくらい子供ってたった2、3年で成長しますv 
何はともあれ、お大事に(^^;)。

コメントの編集

追記

しかし、↑の写真、何がどうというんじゃないけど、むしょーに可愛いvvv
ちくちく~~~vvv

コメントの編集

お返事

 さくらさん>

 ありがとうございます。
 そうですね。いい保育園なんだと思います。
 ウロコ、落ちないで取れるんですね!wそーかぁ。それは豪儀な感じで楽しみですな♪
 もう、そういう感じというか、そういう兆候がチラホラありますよw
 毎日、覚えたての歌を力一杯音を外して歌っているとか、読めないくせに本を音読するフリをしていたりとか。←これが、デタラメな日本語なのに音だけぼんやり聞いてるとホントに読んでいるかのようなトーンなのが凄い。さすが音に敏感な女だ。その特性を生かして、先生の真似だけは上手いんだからw
 追記もありがとうございます。
 ああいう感じで、毎日どこかに引っ掛かってますよ。ソファサイドの細長いテーブルとかw

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

日本一の米処で世界有数の豪雪地帯に暮らす、年子シスターズの母にして、俳優・シンガーソングライター等、マルチな才能を持つ京本政樹を愛で続ける女
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事

カテゴリ

過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2013年 12月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【4件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【5件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【1件】
2010年 09月 【15件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【9件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【14件】

最新コメント

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

お気に入り育児ものリンク

検索フォーム

SEO対策:子育てSEO対策:哺乳瓶SEO対策:姉妹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。