トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  コドモ  >  保育園の見学

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

生き物の擬態 | トップページへ戻る | 姉妹

このページのトップに戻る

保育園の見学

2011年11月18日

 来年度から、シスターズを保育園に入れたいなと思っておるのですが、手近な保育園はこういっちゃなんですがイマイチなので、いろいろ調べているのですが、調べているといえばじつは昨年からつらつら考えていたので、それなりに調べてはいた訳です。
 何しろ、障害児を受け入れてもらわないと話にならない訳で、その中で娘により良い選択をしてあげたいとか思っていたので、今年度は見送って来年度からでいいかなと呑気に考えておりました。
 で、ちょっと送迎が大変ですが、通える範囲に公設民営でちょっとよさそうな園がありまして、そこにしたいなと漠然と考えておりました。

 ところが。
 この、東京電力の福島第一原発事故で世界は変わってしまいました。
 放射能の影響を抜きには、何も考えられない世の中になってしまいました。私は。
 どうも、この放射能の事になると、なんだか私だけが別な次元というか別な世界からきた人で、世の中は全く変わらないわけで、私だけ異邦人みたいな感じがします。まるで原発事故なんか無かったみたいなんだもんなぁ世間は。あれは夢だったのだろうか?みたいな感覚に何度も陥りましたよ。全然夢じゃないんで、夢もみれないんですが。

 何もそこまでと思う人もいるかもしれませんが、私なんぞがそこまで考えないとイカンのは、本来考えるべき立場でそれで生活してる筈の人たちが、考えちゃいないからです。いい加減にして欲しいもんだ。
 ついでなんで書いときますが、これは文句なんでどうでもいい人は読み飛ばしてくださいね。今日も細野大臣が冷温停止年内達成なんちゅう事を言っていたらしいけど、いい加減に冷温停止とかいうの止めたらどうだ。出来るわけねーだろそんなの。炉内がどうなってるか判らないというか、炉心が溶けてどこにあるのか判らんのに冷温停止もないもんだ。冷温で停止するのが冷温停止なんで、「部分的な自発核融合」なんか起きてちゃ、停止も何もないだろうが。ていうかそれがどこで起きていてどういう規模なのかもよく判らんのに、冷温停止できると誰が言えるんだそれ。放射線の健康被害については科学的な医学的な裏付けがないと頑として聞き入れんのに、事故処理の楽観論だけは科学なんかはまるで無視っていう態度でいいのかね。だいたい、自発核融合が起きるという事は制御不能ということで、制御も出来ないのにどうやって停止させるのか教えて欲しい。教えて欲しくて会見を見てても教えてもらったことないんだよな。ま、出来るわけないんだが。そもそも制御できなくなったからメルトダウンしたんだしな。魚の事だって、つい先日まで安全委員会も文科省も「大型魚の生態濃縮は一年ぐらいかかる」みたいなこと言っていたけど、グリンピースの調査じゃもう出てるじゃん。マダラやメバチマグロから出てますよ、セシウムがさ。サバ缶からも出てるんだぜ?今出てるという事は、大型魚はこれから更に濃縮が進むからもっと高くなるとだろうというのが私などが考える普通の予測なので、どうすんだよ、この事態。魚といえば、ずっと疑問でなかなか書けなかったけど、ぜひとも教えて欲しいのは、新潟県の阿賀野川水系の魚の調査をどうして全くしないのか教えて欲しい。阿賀野川は新潟水俣病を発祥させた地域も含まれるんですが、そういう事で本当にいいと思っているのかどうなんだ。彼らの声を無にするに等しい行為を、どう思っているのか説明して欲しいし、魚沼地域の文科省の汚染調査図を「元々自然放射線が高かったから」と書き換えたけど、事故直後のモニタリングポストの数値が高かった事と高濃度の汚泥が見つかった事についてはどう説明するのか、納得のいく解説をぜひとも聞いてみたいものです。そういう説明の後に、魚沼地域の汚染は低いという話は始めて欲しいものだと切に思うものであります。

 そういうわけで、目下最大の関心事は「給食」ということになってしまいました。

 我が市は、ほとんどの園で給食は作っているとのことでセンター配給ではないのですが、そうなると個別に対応を聞かなくてはなりません。聞きましたけど。
 最終的に、責任は市だということで(というか、指針は市が出して管理しているという事なのですが)市の担当者に聞きました所、

「国の基準、県の検査で安全なんです」

 と、きっぱりサッパリ断言されてしまいました。

 仰け反りましたね。アンタが調べて確認したんかい!というキモチ?(人に聞くな)
 それ以上の疑問は許さん!という勢いでしたので、彼一人と議論しても無駄なので「さいですか。市としてはそういうお考えなのですね?」と一応問い、「はい」という返答を確認して終了しました。

 ただね。こういうのはダメだと思うんだよね。
 不安だから聞いているのであって、安全だと思えるなら問い合わせなんかしないんですよ。なぜ安全だと判断したのか、どういう根拠でそういう結論に至ったのか、きちんと説明しないと問い合わせをした人は納得できないと思う。
 お上の言う事だから庶民は従え的な事を押しつけても、不安は解消されないんですよ。益々疑念を抱くだけでさ。きちんと説明しないから不安が増していくのだと思うので、ちゃんと説明しなさいよ、ちゃんと。多分根拠がないから説明できないんだろうけどさ。
 それが言えないのら、せめて不安を受けとめるぐらいの事はしないとイカンのではないかと。

 まぁ、話にならんのは想定していたので反応を見ていたわけですが、さすがというか私がピックアップした園は反応がまともだった。
 そういうわけで、とりあえず施設見学に行ってきました。

 最近の保育園は警備が厳重で、私らが子どもの頃はどこも開けっ放しの開放的だった保育園ですが、今時はどこも厳重に鍵が付いてますね。いろんな事件があったからなぁ・・・。

 施設見学と面談を兼ねていたのでシスターズも連れて、入ってすぐに園長さんと主任さんとお話したのですが、来年度の入園申し込みが既に定員を大幅にオーバーしているが、本来ならば優先的にお嬢さんのような子(障害児ということ)をぜひ入園してもらいたいと言われました。なるほど。私のカンはやはり正しかったな。
 で、この園は公設民営なのですが、この園と同経営の私立の園は私が子どもの時からあるのでよく知っておりました。クリスチャン系の保育園なのですね。そういう背景はありますが、こちらは公設民営なので宗教色がなくて、それでこちらを選んだのですけどさ。
 我が家は仏教徒なので、そちらとは無縁なわけで。そうはいっても、子どもがヒンズー教に入信したいというなら、好きにすればいいと思っている私ですが。

 で、この園長先生と面談していまして、非常に話が合ってしまいました。いや、園長だけが。

 この園では「シュタイナー教育」を実践しているということで「ほぅ。田舎にゃ珍しいな」と思っていたのですが、その話をした所、「シュタイナー、お好きなんですか!?」と大変喜ばれました。好きか嫌いかでいえば好きな方だと思うんですけど、大好きというほど勉強しておりません。すみません。素敵だなぁと漠然と思っていましたが。
 私は、シュタイナーというよりは、ミヒャエル・エンデが大好きなんで、エンデを通してシュタイナーの思想に触れただけのつまらない一市民です。
 だというのに、だというのに、この園長さん!もの凄く感激してくれて「そう仰って来て下さった方は稀なんですよ~」と大変嬉しそう。今さら「それほど詳しくはないんです」とは言えない雰囲気になってきました。入門書的な本を4冊と、シュタイナー著のべら棒に難解だったけど意外に面白かった本ぐらいしか読んだ事のない私は、ドイツのシュタイナー学校に行った知人の事などをつらつら思い巡らしながら、必死に話を合わせておりました。
 よく合わせられたもんだと思うw意外に憶えていたので助かったのですが。

 しかし、この園長先生は目をキラキラさせながら「その服装や喋り方とか、雰囲気がシュタイナー的ですよね」とまで仰ったんですよ?意味が判りません。その時私が着ていたのは、何の変哲もないジーンズに緑色のタートルのゆったりしたセーターでしかも見るからに合成だこれ。上着はベージュのポンチョのママコート。そもそもシュタイナー的というのがよく判りません。アースカラーってこと?
 人口密度の低い所なので、そういう相手に飢えていらっしゃるのだろうなぁと推察しましたが。

 シュタイナーは、私の大好きな恩師がお好きでいらしたので、先生とよく話していたんですね。で、読んだ部分で疑問に思った部分を「これはこう考えてもいいのかな、どういう事だと思う、先生?」と問うと彼は「ん~~、そうだね。桂のそういう思いは大事だと思うよ~。そう思う桂は桂らしくて素敵だな~」と全く問いには答えちゃくれませんでしたが、別な意味でたくさんの事を教えて頂いたものでした。様々な返答の仕方とかねw
 余談ですが、この恩師とは今でも交流が続いてまして、結婚後に手紙で「旦那と喧嘩が多いのですよ」という報告した所、「桂らしくて素敵です」とお返事を頂きました。それは、どーゆー・・・ww

 それはともかく、面談後に園内を見学させていただいたのですが、もう、ウチの娘達は嬉しそうで。夕方でしたがまだ園内にお子さんたちが大勢いて、上の娘は勝手に仲間に入って遊ぶ遊ぶ。周りの子ども数人は「アンタ誰?」みたいな顔で見てるんだけどお構いなし。気にしない子は全く気にしないで、当然のように一緒に遊んでいましたが。
 やはり、こういう所が自閉症なんだよなぁと思いつつ、逆に、この娘はどこでも生きていけるような気もしました。
 下の娘は、年長さんの女の子たちに大変喜ばれて「可愛い~~~」を連発され、そんな大人数に自分が注目された事の無いお嬢ちゃんなので、照れながら嬉しそうに遊んでもらっておりました。いや、本当に可愛いんですよアナタは。

 いろんな意味で素敵な園でしたのでぜひともここに通わせたいなと思うのですが、競争率は尋常じゃないぐらい高いので望み薄かな。入れないのなら来年度も私がみていようかなと。別にどうでも保育園に入れなきゃならんわけでもないしな。
 内部被ばくを避けるなら、私がみているのが一番いいのだし。

 しかし、この園長さんには大変褒められました。何故か私がw
「とても熱心なお母さんなんですね」とか「あなたがお母さんで、このお子さんは幸せですよ」とか「愛情の交流がきちんとできていますね。お子さんはだから落ち着いているんですよ」とか、人生でこれほど褒められた事は無いな、自分。
 で、娘が面談中に遊んで書いた絵を見て大感激。
「凄いですね!この子二歳ですか?二歳児は円を繋げられないんですよ。ちゃんと繋がってるじゃないですか!そして、上のお子さんですか、これ!?素晴らしいですね(上の娘は全色使って色見本みたいな模様のようなものを描いていた)。こんなにたくさんの色が使えるのは情緒が安定しているからなんですよ!お母さんがきちんと向き合っているからですね!」

 ありがとう。下の娘の所業は上の娘のやったことを真似ての事だし、上の娘のその所業は単に全部の色を描いて色を確認しただけだと思うのだが、判っていてもそう言われたら嬉しいです。母親なんざ、子どもが普通で当たり前、ちょっと悪けりゃミソクソに言われますから。それだけ盛大に褒めて頂けると素直に嬉しゅうございますとも。
 だけどさ、やっぱり伊達じゃないんだな、クリスチャンもシュタイナーも。(当たり前だ)
 性善説の人なんだなぁと納得しました。

 で、褒められると伸びるのです、私は。(子どもか!)
 お陰さまで、シスターズにとてもゆとりのある対応ができた本日です。お風呂で眠さと疲れでグズったシスターズでしたが、着替えて最後は二人とも「だいちゅき!」とか言って右腿と左腿に座って抱きついてくれました。「ありがと。みんな一緒で嬉しいね~」とニコニコしながら三人でとても濃密な時間を味わえたと思います。

 私はやはり、この3年はそれなり大変だったと(この一年で漸く)自覚していますが、多分それは普通に育児をしていてもそれなりに大変なんですよ。だから、その部分に共感してもらえるだけで大抵のお母さんは癒されます。子どもの伸びる力は確かに凄いですが、一から全てを教える方だってそれは大変ですよ、やはり。「大変だったね。いい子だよ」とそんな言葉で嬉しくなるものなのです。
 どうか皆さんも、身近なお母さんを労ってあげて下さい。

 ただ、やはり、放射能の事は・・・如何ともし難いなぁ・・・。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

生き物の擬態 | トップページへ戻る | 姉妹

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

日本一の米処で世界有数の豪雪地帯に暮らす、年子シスターズの母にして、俳優・シンガーソングライター等、マルチな才能を持つ京本政樹を愛で続ける女
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事

カテゴリ

過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2013年 12月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【4件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【5件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【1件】
2010年 09月 【15件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【9件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【14件】

最新コメント

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

お気に入り育児ものリンク

検索フォーム

SEO対策:子育てSEO対策:哺乳瓶SEO対策:姉妹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。